モンスターカレンダー

« May 2018
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

北アルプスの最近のブログ記事

北アルプス 涸沢・穂高岳 3日目

| コメント(0)
登頂日
2011年9月23日(金)・24日(土)・25日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー6名

上高地バスターミナル⇒明神⇒徳沢⇒横尾⇒本谷橋⇒涸沢⇒穂高岳山荘⇒涸沢⇒(パノラマコース)⇒徳沢⇒明神⇒上高地バスターミナル







 三日目の朝を迎える。今日も好天だ。最終日の今日は下山するだけ。モルゲンロートを眺めながら朝食をとり、テントの撤収に取り掛かる。

 昨日はリタイヤ者がいたので、ヒュッテのテラスで再度全員でのバンダナ撮影の後、パノラマコースで下山。涸沢ヒュッテから下ってすぐの所を右に取るとパノラマコース。しばらく進んで振り返ると朝日に照らされた涸沢ヒュッテとカールを彩る色とりどりのテント、その奥に涸沢小屋が見え、絵になる光景である。ここからしばらくは、危険が伴う道幅が狭い断崖。ロープが張られている場所もある。60Lのザックを背負っているので、ザックに振られないよう注意を払って歩く。前をちょっとした人数のグループが歩いてたので、足場の悪い危険箇所では渋滞や停滞もあった。

 屏風のコルでは、アルプスの象徴である槍ヶ岳の雄姿が見事。屏風の耳との分岐を過ぎると急な下りに入る。奥又白池に行く分岐を過ぎて沢沿いの樹林帯を下ると左手に井上靖の小説『氷壁』のモデルになったナイロンザイル事件の碑がある。ここからしばらく行くと林道にでる。新村橋から徳沢・明神とたどり上高地に帰着。徳沢では囲炉裏のS子さんとYけんさんに遭遇。

 バスで平湯の駐車場まで戻り解散。ここからは各車ごとで帰阪する。我々は、日帰入浴ができる平湯の森で汗を流し、高山市街手前にある自然薯料理のお店「茶茶」のとろろめしで遅めの昼食をとり帰阪した。奥穂に登れなかったのは残念だったが、好天に恵まれた3日間であった。


ランキング参加中!ポチッっとお願いします。⇒
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

北アルプス 涸沢・穂高岳 3日目

| コメント(0)
登頂日
2011年9月23日(金)・24日(土)・25日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー6名

上高地バスターミナル⇒明神⇒徳沢⇒横尾⇒本谷橋⇒涸沢⇒穂高岳山荘⇒涸沢⇒(パノラマコース)⇒徳沢⇒明神⇒上高地バスターミナル







 三日目の朝を迎える。今日も好天だ。最終日の今日は下山するだけ。モルゲンロートを眺めながら朝食をとり、テントの撤収に取り掛かる。

 昨日はリタイヤ者がいたので、ヒュッテのテラスで再度全員でのバンダナ撮影の後、パノラマコースで下山。涸沢ヒュッテから下ってすぐの所を右に取るとパノラマコース。しばらく進んで振り返ると朝日に照らされた涸沢ヒュッテとカールを彩る色とりどりのテント、その奥に涸沢小屋が見え、絵になる光景である。ここからしばらくは、危険が伴う道幅が狭い断崖。ロープが張られている場所もある。60Lのザックを背負っているので、ザックに振られないよう注意を払って歩く。前をちょっとした人数のグループが歩いてたので、足場の悪い危険箇所では渋滞や停滞もあった。

 屏風のコルでは、アルプスの象徴である槍ヶ岳の雄姿が見事。屏風の耳との分岐を過ぎると急な下りに入る。奥又白池に行く分岐を過ぎて沢沿いの樹林帯を下ると左手に井上靖の小説『氷壁』のモデルになったナイロンザイル事件の碑がある。ここからしばらく行くと林道にでる。新村橋から徳沢・明神とたどり上高地に帰着。徳沢では囲炉裏のS子さんとYけんさんに遭遇。

 バスで平湯の駐車場まで戻り解散。ここからは各車ごとで帰阪する。我々は、日帰入浴ができる平湯の森で汗を流し、高山市街手前にある自然薯料理のお店「茶茶」のとろろめしで遅めの昼食をとり帰阪した。奥穂に登れなかったのは残念だったが、好天に恵まれた3日間であった。


ランキング参加中!ポチッっとお願いします。⇒
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

北アルプス 涸沢・穂高岳 2日目

| コメント(0)
登頂日
2011年9月23日(金)・24日(土)・25日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー6名

上高地バスターミナル⇒明神⇒徳沢⇒横尾⇒本谷橋⇒涸沢⇒穂高岳山荘⇒涸沢(野営)⇒(パノラマコース)⇒徳沢⇒明神⇒上高地バスターミナル









 早朝5時過ぎ横尾を出発、涸沢へ向かう。途中明るくなりだしモルゲンロート(アルペングリューエン)を楽しむことができた。

 午前8時に涸沢ヒュッテ到着。色鮮やかなテントが立ち並ぶテン場へ移動。さほど遠くない場所にテントを設営することができた。

 9時15分涸沢を出発。ザイテングラートから奥穂を目指す。涸沢出発後10分もたたないうちにKさんリタイア。さらにそのすぐ先でWちゃんリタイア。Kさんは、全くのスタミナ不足。テントを含む荷物を背負っての行動で疲れたのであろう。Wちゃんは頭痛を訴えていたので高度障害(高山病)が原因だろう。高度も高度障害が出だす2,500m付近であった

 お昼12時前に穂高岳山荘までたどり着くも、奥穂へ向かう岩場が大渋滞・・・っていうか停滞。長野県警山岳救助隊員が出動し交通整理ならず登山者整理にあたっていた。我々がたどり着く直前に登りをストップ。登りについている人が登りきった後、今度は下りと一方通行状態。

 山荘前で昼食を食べ、しばらくゆっくりしてたが、やっと下りの人が動き始めた状態。この調子だといつになったら登れるかもわからず、明るいうちに涸沢に戻れないと判断。残念ながら奥穂アタックは断念、涸沢に戻り、ヒュッテのテラスで穂高連峰を眺めながら生ビールで乾杯!


ランキング参加中!ポチッっとお願いします。⇒
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

北アルプス 涸沢・穂高岳 2日目

| コメント(0)
登頂日
2011年9月23日(金)・24日(土)・25日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー6名

上高地バスターミナル⇒明神⇒徳沢⇒横尾⇒本谷橋⇒涸沢⇒穂高岳山荘⇒涸沢(野営)⇒(パノラマコース)⇒徳沢⇒明神⇒上高地バスターミナル









 早朝5時過ぎ横尾を出発、涸沢へ向かう。途中明るくなりだしモルゲンロート(アルペングリューエン)を楽しむことができた。

 午前8時に涸沢ヒュッテ到着。色鮮やかなテントが立ち並ぶテン場へ移動。さほど遠くない場所にテントを設営することができた。

 9時15分涸沢を出発。ザイテングラートから奥穂を目指す。涸沢出発後10分もたたないうちにKさんリタイア。さらにそのすぐ先でWちゃんリタイア。Kさんは、全くのスタミナ不足。テントを含む荷物を背負っての行動で疲れたのであろう。Wちゃんは頭痛を訴えていたので高度障害(高山病)が原因だろう。高度も高度障害が出だす2,500m付近であった

 お昼12時前に穂高岳山荘までたどり着くも、奥穂へ向かう岩場が大渋滞・・・っていうか停滞。長野県警山岳救助隊員が出動し交通整理ならず登山者整理にあたっていた。我々がたどり着く直前に登りをストップ。登りについている人が登りきった後、今度は下りと一方通行状態。

 山荘前で昼食を食べ、しばらくゆっくりしてたが、やっと下りの人が動き始めた状態。この調子だといつになったら登れるかもわからず、明るいうちに涸沢に戻れないと判断。残念ながら奥穂アタックは断念、涸沢に戻り、ヒュッテのテラスで穂高連峰を眺めながら生ビールで乾杯!


ランキング参加中!ポチッっとお願いします。⇒
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

北アルプス 涸沢・穂高岳 1日目

| コメント(0)
登頂日
2011年9月23日(金)・24日(土)・25日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー6名

上高地バスターミナル⇒明神⇒徳沢⇒横尾(野営)⇒本谷橋⇒涸沢⇒穂高岳山荘⇒涸沢(野営)⇒(パノラマコース)⇒徳沢⇒明神⇒上高地バスターミナル






 9月23日?25日に涸沢・穂高岳と行ってきました。 初日の朝JR尼崎でピックアップしてもらい平湯温泉経由で上高地。

 3連休ということもあり上高地は多くの人で賑わっている。かっぱ橋の手前で別動隊と合流。本日の宿泊地である横尾を目指す。

 明神を過ぎるとさすがに一般観光客の姿は見えなくなる。しかし上高地から横尾までの3時間弱の行程は何とかならんのだろうか、横尾まで交通機関が通っていれば、1泊の山行でもかなり行動範囲が広がるのになーと思ってしまうのは、おいらだけだろうか?

 横尾に到着後、各自テントを設営して夕食タイム。8時過ぎまで食べて・飲んでと楽しい時間を過ごしシュラフにもぐりこんだ 。

ランキング参加中!ポチッっとお願いします。⇒
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

北アルプス 涸沢・穂高岳 1日目

| コメント(0)
登頂日
2011年9月23日(金)・24日(土)・25日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー6名

上高地バスターミナル⇒明神⇒徳沢⇒横尾(野営)⇒本谷橋⇒涸沢⇒穂高岳山荘⇒涸沢(野営)⇒(パノラマコース)⇒徳沢⇒明神⇒上高地バスターミナル






 9月23日?25日に涸沢・穂高岳と行ってきました。 初日の朝JR尼崎でピックアップしてもらい平湯温泉経由で上高地。

 3連休ということもあり上高地は多くの人で賑わっている。かっぱ橋の手前で別動隊と合流。本日の宿泊地である横尾を目指す。

 明神を過ぎるとさすがに一般観光客の姿は見えなくなる。しかし上高地から横尾までの3時間弱の行程は何とかならんのだろうか、横尾まで交通機関が通っていれば、1泊の山行でもかなり行動範囲が広がるのになーと思ってしまうのは、おいらだけだろうか?

 横尾に到着後、各自テントを設営して夕食タイム。8時過ぎまで食べて・飲んでと楽しい時間を過ごしシュラフにもぐりこんだ 。

ランキング参加中!ポチッっとお願いします。⇒
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

大日岳方面散策 立山3日目

| コメント(0)
登頂日
2011年7月16日(土)・17日(日)・18日(月)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー11名

雷鳥沢野営場⇒大日岳方面散策⇒雷鳥沢野営場⇒地獄谷⇒室堂バスターミナル








 いよいよ最終日の朝がやってきた。朝食後とりあえず奥大日岳方面へ散策。時間があれば奥大日岳まで行きたいところだが、ちょっと無理があるので行けるとこまで行って引き返そうということで出発。

 ゆっくりと景色&高山植物を楽しみながらの散策となった。標高2,511mのカガミ谷乗越まで登った。この場所からの剱岳の眺めも最高。しばらく写真を撮ったりしながら休憩した後、テン場へと引き返した。

 テントを撤収してから、早めの昼食。残っている食材を食べきろうということで、これまたメニュー豊富な昼食となった。

 お腹も膨れたところで、雷鳥沢野営場を後にし室堂バスターミナルへ。楽しかった3日間は、あっという間に過ぎてしまった。天候にも恵まれ、最高のアルプス山行となった。企画していただいたpさん・Yさんありがとうございました。



ランキング参加中!ポチッっとお願いします。⇒
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
今回出逢った可憐な高山植物







大日岳方面散策 立山3日目

| コメント(0)
登頂日
2011年7月16日(土)・17日(日)・18日(月)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー11名

雷鳥沢野営場⇒大日岳方面散策⇒雷鳥沢野営場⇒地獄谷⇒室堂バスターミナル








 いよいよ最終日の朝がやってきた。朝食後とりあえず奥大日岳方面へ散策。時間があれば奥大日岳まで行きたいところだが、ちょっと無理があるので行けるとこまで行って引き返そうということで出発。

 ゆっくりと景色&高山植物を楽しみながらの散策となった。標高2,511mのカガミ谷乗越まで登った。この場所からの剱岳の眺めも最高。しばらく写真を撮ったりしながら休憩した後、テン場へと引き返した。

 テントを撤収してから、早めの昼食。残っている食材を食べきろうということで、これまたメニュー豊富な昼食となった。

 お腹も膨れたところで、雷鳥沢野営場を後にし室堂バスターミナルへ。楽しかった3日間は、あっという間に過ぎてしまった。天候にも恵まれ、最高のアルプス山行となった。企画していただいたpさん・Yさんありがとうございました。



ランキング参加中!ポチッっとお願いします。⇒
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
今回出逢った可憐な高山植物







登頂日
2011年7月16日(土)・17日(日)・18日(月)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー6名+4名(夕方合流)

雷鳥沢野営場⇒別山乗越⇒別山(南峰⇔北峰)⇒真砂岳⇒富士ノ折立⇒大汝山⇒雄山⇒一の越⇒室堂平⇒雷鳥沢野営場



 二日目も快晴に恵まれている。朝食をとって6時に出発。まずは、雷鳥沢から別山乗越を目指す。約460mの標高差を登る雷鳥坂を1時間半掛けて登る。いきなりの登りはけっこうキツイ。

 別山乗越に登りつめると眼前に剱岳の雄姿が飛び込んできた。みんな思い思いに剱岳や剱岳をバックに写真を撮ったりしながらの小休止。


 別山乗越からは、剱岳を眺めながら稜線歩きで別山に到着。目の前の剱岳を眺めていると、古来「針の山」と崇められ「人登る能わず人登るべからず」といわれた忌み山であったことが納得できる山容である。剱岳を背にすると富士山を眺めることもできた。ザックをデポしてピストンで北峰へ。ここで剱岳をバックにバンダナショット。



 真砂岳を経て、しばらく進むと富士ノ折立への急登。この登りがしんどい。登りきったところで一休みしてから、ザックをデポして富士ノ折立のピークを踏む。

 大汝小屋前で昼食。メニューは、ラーメン雑炊。陽射しのきつい中で食べる、熱いラーメン雑炊は・・・ 冷麺食いてぇーーーって思ってしまった。食事を済ませ、立山連峰最高峰の大汝山(3,015m)へ。眼下に黒部ダム・黒部湖が見えている。



 大汝山から雄山に向かっていると徐々にガスが湧いてきた。前方の雄山神社がガスで霞んで見える。雄山神社とは、峰本社・中宮祈願殿・前立社壇の三社をもって雄山神社だそうだ。3,003mの霊山立山雄山山頂にある社殿は峰本社である。せっかく登ってきたので、500円払って社殿へ登り御祈祷をしていただいた。



 雄山から一の越を経て室堂平経由で雷鳥沢へ。途中、雷鳥荘で入浴。汗を流しってさっぱり気分でテン場に戻った。そうそう、この日も前日と同じ場所で雷鳥を見ることができた。昨日は子連れだったが、今日はヒナの姿は見えなかった。

 今日も豪華な夕食と談笑を楽しむうちに時間は過ぎ就寝となった。


ランキング参加中!ポチッっとお願いします。⇒
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

登頂日
2011年7月16日(土)・17日(日)・18日(月)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー6名+4名(夕方合流)

雷鳥沢野営場⇒別山乗越⇒別山(南峰⇔北峰)⇒真砂岳⇒富士ノ折立⇒大汝山⇒雄山⇒一の越⇒室堂平⇒雷鳥沢野営場



 二日目も快晴に恵まれている。朝食をとって6時に出発。まずは、雷鳥沢から別山乗越を目指す。約460mの標高差を登る雷鳥坂を1時間半掛けて登る。いきなりの登りはけっこうキツイ。

 別山乗越に登りつめると眼前に剱岳の雄姿が飛び込んできた。みんな思い思いに剱岳や剱岳をバックに写真を撮ったりしながらの小休止。


 別山乗越からは、剱岳を眺めながら稜線歩きで別山に到着。目の前の剱岳を眺めていると、古来「針の山」と崇められ「人登る能わず人登るべからず」といわれた忌み山であったことが納得できる山容である。剱岳を背にすると富士山を眺めることもできた。ザックをデポしてピストンで北峰へ。ここで剱岳をバックにバンダナショット。



 真砂岳を経て、しばらく進むと富士ノ折立への急登。この登りがしんどい。登りきったところで一休みしてから、ザックをデポして富士ノ折立のピークを踏む。

 大汝小屋前で昼食。メニューは、ラーメン雑炊。陽射しのきつい中で食べる、熱いラーメン雑炊は・・・ 冷麺食いてぇーーーって思ってしまった。食事を済ませ、立山連峰最高峰の大汝山(3,015m)へ。眼下に黒部ダム・黒部湖が見えている。



 大汝山から雄山に向かっていると徐々にガスが湧いてきた。前方の雄山神社がガスで霞んで見える。雄山神社とは、峰本社・中宮祈願殿・前立社壇の三社をもって雄山神社だそうだ。3,003mの霊山立山雄山山頂にある社殿は峰本社である。せっかく登ってきたので、500円払って社殿へ登り御祈祷をしていただいた。



 雄山から一の越を経て室堂平経由で雷鳥沢へ。途中、雷鳥荘で入浴。汗を流しってさっぱり気分でテン場に戻った。そうそう、この日も前日と同じ場所で雷鳥を見ることができた。昨日は子連れだったが、今日はヒナの姿は見えなかった。

 今日も豪華な夕食と談笑を楽しむうちに時間は過ぎ就寝となった。


ランキング参加中!ポチッっとお願いします。⇒
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

アーカイブ