加藤文太郎・植村直己がこよなく愛した山『蘇武岳』(ふるさと兵庫100山)

































登頂日
2013年6月30日(日)
天 候

晴れ
同行者
囲炉裏メンバー5名


万場登山口⇒大杉山⇒蘇武岳⇒巨樹の谷⇒万場登山口



































 






登山家加藤文太郎・冒険家植村直己がこよなく愛した山である蘇武岳は標高1074mの一等三角点の山であり、ふるさと兵庫100山(50山)に選定されている。名色と阿瀬渓谷からのコースが有名なようだが、今回は万場スキー場のゲレンデ脇の万場登山口から山頂を目指す。このコースは「神鍋高原山楽会」の皆さんが整備されたそうだ。


万場登山口の標識とともに「1合目」の標識がある。ここから2合目・3合目と高度を上げていくわけだが、これは蘇武岳ではなく大杉山までの標識とのこと。国土地理院の地形図に大杉山の記載はなく1007mのピークを地元では大杉山と呼んでいるようだ。


若ブナの林の中を通る登山道は整備されており歩きやすい。所々にある奇形のブナの木に目を引かれながら登っていく。大杉山ピークの手前に杉の巨木が聳え立っている。この大杉になぞらえて大杉山と名付けたのだろうか。


大杉山を越えると登りも緩やかになり、途中林道を経て標高1,074mの蘇武岳山頂に到着。山頂は眺望の素晴らしい草原の広場だ。心地よい風を浴びながら、噴火口がある神鍋山や鉢伏山から兵庫県最高峰氷ノ山と雄大なパノラマを楽しむ。


下山は名色方面へ。途中の分岐を万場方面へ巨樹の谷と名付けられたルートを辿って万場登山口へと戻った。


神鍋からの帰路、豊岡市殿地区の「殿さんそば」に立ち寄り「おろしそば」で腹ごしらえ。「殿さんそば」は、おいしい水と地元の畑で育てた蕎麦からつくる、つなぎを使わないそば粉100%の手打ち「そば」とのこと。しっかりした腰のある美味しい蕎麦だった。

















にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ