蘇武岳のブナ林紅葉&但馬神鍋の滝巡り

































登頂日
2013年10
月27日(日)
天 候

曇り
同行者

Hやん

























 






最近ブログの更新が遅れがちになってしまってる。仕事で一日中パソコンの前に座っていると家に帰ってまでパソコンの前に座ろうという気持ちが失せてくる。通勤時にipadでブログ記事を書いて、自宅PCでサーバーにアップするパターンが増えてきた。とはいえ、通勤中は座っているとついつい寝てしまうので、これまたはかどらない。などとぼやいていても仕方ないので、2週間前の蘇武岳をアップすることにする。


山の会のHやんが10月中は神鍋に滞在すると聞いていたので、前日夜蘇武岳に行きたい旨をメールする。翌朝、メールの返信がないので電話すると昨夜は早く寝てしまい気付かなかったとのこと。蘇武岳の案内をいただけるとのことなので車で神鍋へと向かう。


地元三田は晴天。最高の登山日和になりそうだと考えながら車を走らせる。北近畿豊岡自動車道の和田山ICを過ぎたあたりから雲行きが怪しくなる。八鹿氷ノ山インターチェンジで高速を降り、円山川沿いに差し掛かると雨がポツポツと落ちてきた。神鍋のHやん宅に近づくと雨はおさまったようで一安心。


今回は「山に登る」ということより「ブナの紅葉」が目的なので、麓から登らず林道をある程度登ってから、ブナ林の登山道を蘇武岳山頂まで登る。紅葉はやや早い感があったが、きれいに染まった樹もあり十分に楽しむことができた。青空が広がっていれば最高だったのだが、残念なことに空は雲に覆われていた。


蘇武岳を後にし神鍋周辺の滝を巡る。先日の台風の影響もありどの滝もすごい水量が流れ落ちている。日本の滝100選に選定されている猿尾滝に関してHやん曰く、「こんなに水量が多い猿尾滝はじめてや」とのことであった。


我が家から神鍋まで車だと2時間ほど歩いたら21時間(Googleマップでの経路検索で徒歩を設定したらですると表示されたのだ・・・もちろん歩いていく気などサラサラないけどね)十分日帰り圏内である。また日帰りで行こうかとも思うがHやんは前夜の宴会も楽しみの一つなので・・・とのことだった。次回はスノーシューを楽しみに行きたいと思う。




















にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ