大雪の明神平で今シーズン初スノーシュー&2013年登り納め



























登頂日
2013年12月28日(土)
天 候

曇り/雪
同行者

囲炉裏村民3名




























山仲間のOコロ氏から明神平で雪遊びのお誘いをいただいた。三田を始発電車で出発し、集合場所の近鉄大和八木駅着が6:45。ここからOコロさんのマイカーで登山口である大又林道終点の駐車場を目指す。


大又林道に入ると雪がかなり積もっている。駐車場に到着すると数センチの積雪だ。早々に準備を整え出発。あたり一面銀世界の中を明神平目指し登っていく。高度を稼ぐにつれ積雪量も多くなり、雪も降り出してきた。雪を踏み固めながら進んでいくが、何もつけてない足は膝上まで雪に潜ってしまう場所もある。つぼ足状態では歩きにくいのでスノーシューを装着して登る。


奈良在住で何度となく冬の明神平に登っているOコロ氏が言うには「こんなに雪が多いのははじめて」とのこと。急斜面では3歩進んで2歩滑り落ちる・・・てな感じである。


明神平に辿りついたが、降りしきる雪とガスで視界はほとんどない状態。あしび山荘のかげで雪を遮りながら昼食をとる。ゆっくりと食べたいところだが動いていないと寒さが厳しいので、さっさと食べてしまう。ザックをあしび山荘のかげにデポし、空身の状態で付近をスノーシューで散策。前山手前あたりまで約1時間弱のスノーシューハイクを楽しんだ。


スノーシューを装着したまま下山開始。あきらかに登ってくるときより積雪量が増えている。山道から林道に下りたっても積雪量はかなりある。結局駐車場までスノーシューを装着したまま下山。車の上には十数センチの雪が積もっている。わずか数時間の間にかなり積もったようだ。


生憎の天候で視界が悪く厳しい寒さであったが、樹氷とスノーシューハイクを満喫することができた。今回が今シーズン初の雪山&スノーシューとなった。また今年の登り納めとなる。今年一年も事故にあうこともなく山を楽しむことができたことに感謝。






















にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ