モンスターカレンダー

« May 2018
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

山登りの最近のブログ記事

登頂・参拝日
2016年5月28日(土)
天 候
晴れ
同行者
単独

JR武田尾駅⇒武庫川廃線跡⇒大峰山⇒中山最高峰⇒中山寺奥之院⇒中山寺(西国24番札所)⇒阪急中山駅







久しぶりに今回のコースを歩いた。一昨年の元旦以来である。中山寺での初詣のために元旦に歩いていた。中山寺で初詣をすませた後は、川西在住の友人宅で新年会というのがパターンであった。その友人が一昨年の10月にこの世を去ってしまったので、昨年からは初詣に行くことがなくなってしまった。

久しぶりにJR武田尾駅で下車すると旧武田尾駅周辺は様変わり。一段低い場所に立ち並んでいた商店はすべてなくなり、並行する道路と同じ高さになっていた。また、武庫川廃線の西宮市部分が整備のため通行止めとなり、今秋全面開通するそうだ。

何度も歩いているコース、上記以外にとくに書かなければならないような事柄もなく、いつものように中山寺に降りたち、西国三十三所の御朱印をいただいて本日の山登りは終わりである。

■JR宝塚線廃線跡が一般開放へ ハイカーに人気
 武庫川渓谷の豊かな自然と、枕木やトンネルなどが人気となっているJR宝塚線(福知山線)廃線跡の西宮側ルート(約3・2キロ)について、兵庫県西宮市は22日、今秋に「立ち入り禁止」を解除し、一般開放すると発表した。年間約6万4千人が訪れる人気のハイキングコースだが、これまでは「黙認状態」だった。安全対策工事は土地所有者であるJR西日本が担当する。

 JR宝塚線は1986年、複線電化により生瀬?道場駅間が付け替えられ、宝塚と西宮市にまたがる約4・7キロの線路が廃線となった。廃線跡地はJR西が立ち入りを禁止しているが、ハイカーらから人気を集める。2000年には約1・5キロの宝塚市側で遊歩道が整備されたが、西宮側は数億円ともいわれる工事費がネックとなり手付かずに。転落事故も発生し、土砂災害などの危険性も指摘されていた。

 西宮市とJR西は09年から協議。今月に入って一般開放で合意した。JR西がトンネル補強など安全対策工事を行い、市がトイレ整備や巡回パトロールなど維持管理を担当する。

 工事は5月のゴールデンウイーク明けに始まり、立ち入りが完全に禁止される。規制が解除されるのは紅葉シーズンの11月ごろの見通しで、担当者は「あくまで利用者の自己責任が原則」としている。(神戸新聞NEXTより引用)





にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
登頂・参拝日
2016年5月28日(土)
天 候
晴れ
同行者
単独

JR武田尾駅⇒武庫川廃線跡⇒大峰山⇒中山最高峰⇒中山寺奥之院⇒中山寺(西国24番札所)⇒阪急中山駅







久しぶりに今回のコースを歩いた。一昨年の元旦以来である。中山寺での初詣のために元旦に歩いていた。中山寺で初詣をすませた後は、川西在住の友人宅で新年会というのがパターンであった。その友人が一昨年の10月にこの世を去ってしまったので、昨年からは初詣に行くことがなくなってしまった。

久しぶりにJR武田尾駅で下車すると旧武田尾駅周辺は様変わり。一段低い場所に立ち並んでいた商店はすべてなくなり、並行する道路と同じ高さになっていた。また、武庫川廃線の西宮市部分が整備のため通行止めとなり、今秋全面開通するそうだ。

何度も歩いているコース、上記以外にとくに書かなければならないような事柄もなく、いつものように中山寺に降りたち、西国三十三所の御朱印をいただいて本日の山登りは終わりである。

■JR宝塚線廃線跡が一般開放へ ハイカーに人気
 武庫川渓谷の豊かな自然と、枕木やトンネルなどが人気となっているJR宝塚線(福知山線)廃線跡の西宮側ルート(約3・2キロ)について、兵庫県西宮市は22日、今秋に「立ち入り禁止」を解除し、一般開放すると発表した。年間約6万4千人が訪れる人気のハイキングコースだが、これまでは「黙認状態」だった。安全対策工事は土地所有者であるJR西日本が担当する。

 JR宝塚線は1986年、複線電化により生瀬?道場駅間が付け替えられ、宝塚と西宮市にまたがる約4・7キロの線路が廃線となった。廃線跡地はJR西が立ち入りを禁止しているが、ハイカーらから人気を集める。2000年には約1・5キロの宝塚市側で遊歩道が整備されたが、西宮側は数億円ともいわれる工事費がネックとなり手付かずに。転落事故も発生し、土砂災害などの危険性も指摘されていた。

 西宮市とJR西は09年から協議。今月に入って一般開放で合意した。JR西がトンネル補強など安全対策工事を行い、市がトイレ整備や巡回パトロールなど維持管理を担当する。

 工事は5月のゴールデンウイーク明けに始まり、立ち入りが完全に禁止される。規制が解除されるのは紅葉シーズンの11月ごろの見通しで、担当者は「あくまで利用者の自己責任が原則」としている。(神戸新聞NEXTより引用)





にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

鎌倉山(兵庫100山)の行者道を歩く

登頂日
2016年5月22日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー3名







久しぶりの山登りは、山の会のメンバー3人と一緒に兵庫県加西市北部に位置する鎌倉山へ行ってきた。名刹普光寺を中心に鎌倉山と周辺山稜の旧行者道を歩くコースだ。

行者道ということもあり登山道には、修験道の開祖である役行者や釈迦如来・不動明王などの石像が多く祀られている。また修験道にかかせない「のぞき」の磐座が東西2か所「東ののぞき」「西ののぞき」や磨崖仏などもある。

久しぶりの山歩きでやや疲れたものの有意義な一日を過ごすことができた。






にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

鎌倉山(兵庫100山)の行者道を歩く

登頂日
2016年5月22日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー3名







久しぶりの山登りは、山の会のメンバー3人と一緒に兵庫県加西市北部に位置する鎌倉山へ行ってきた。名刹普光寺を中心に鎌倉山と周辺山稜の旧行者道を歩くコースだ。

行者道ということもあり登山道には、修験道の開祖である役行者や釈迦如来・不動明王などの石像が多く祀られている。また修験道にかかせない「のぞき」の磐座が東西2か所「東ののぞき」「西ののぞき」や磨崖仏などもある。

久しぶりの山歩きでやや疲れたものの有意義な一日を過ごすことができた。






にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

雪の東床尾山と神鍋高原でスノーシュー

行った日
2016年2月27日(土)28日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー







2年ぶりに神鍋高原にある山仲間Hやんの別邸にお邪魔することとなった。

神鍋に入る前に朝来市のふるさと兵庫100山に選定されている東床尾山(ひがしとこのおやま)に登ることに。車で登山口へ向けての林道を入っていくが、全く雪の気配がない・・・と思っていたら急に雪景色に変わり、駐車地点まで進むそれなりの積雪もある。

これだったら山上でスノーシューが楽しめるのではとスノーシューを担ぎ上げることにする。

駐車地点をスタートし糸井の大カツラまでは、緩やかな林道を歩き、大カツラの左後方から山道へと入っていく。期待していなかった雪上を山頂へ。

山頂でスノーシューを装着。山頂西側の崩れた山小屋の場所で昼食を取ってから、バリエーションルートを下った。

登山後、道の駅神鍋の温泉で汗を流しHやん邸へ。明太もつ鍋を囲み楽しい宴会タイムを過ごした。





 

2日目は、万場スキー場跡をスノーシューで登る。

下山時に途中の雪質が良い場所で、ソリやヒップソリを童心に帰り楽しむ。

帰路、神鍋に行ったらここに立ち寄らずには帰れないお約束の「かぐや姫」でよもぎうどんを食す。いつ食べても美味しいうどんである。

途中、今年は見れないと思っていた節分草・ざぜん草を鑑賞することもでき、楽しい2日間となった。




にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

雪の東床尾山と神鍋高原でスノーシュー

行った日
2016年2月27日(土)28日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー







2年ぶりに神鍋高原にある山仲間Hやんの別邸にお邪魔することとなった。

神鍋に入る前に朝来市のふるさと兵庫100山に選定されている東床尾山(ひがしとこのおやま)に登ることに。車で登山口へ向けての林道を入っていくが、全く雪の気配がない・・・と思っていたら急に雪景色に変わり、駐車地点まで進むそれなりの積雪もある。

これだったら山上でスノーシューが楽しめるのではとスノーシューを担ぎ上げることにする。

駐車地点をスタートし糸井の大カツラまでは、緩やかな林道を歩き、大カツラの左後方から山道へと入っていく。期待していなかった雪上を山頂へ。

山頂でスノーシューを装着。山頂西側の崩れた山小屋の場所で昼食を取ってから、バリエーションルートを下った。

登山後、道の駅神鍋の温泉で汗を流しHやん邸へ。明太もつ鍋を囲み楽しい宴会タイムを過ごした。





 

2日目は、万場スキー場跡をスノーシューで登る。

下山時に途中の雪質が良い場所で、ソリやヒップソリを童心に帰り楽しむ。

帰路、神鍋に行ったらここに立ち寄らずには帰れないお約束の「かぐや姫」でよもぎうどんを食す。いつ食べても美味しいうどんである。

途中、今年は見れないと思っていた節分草・ざぜん草を鑑賞することもでき、楽しい2日間となった。




にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
登頂日
2015年8月8日(土)
天 候
晴れ/夕立
同行者
囲炉裏メンバー7名+2名(花火大会のみ)

阪急山本駅⇒最明寺滝⇒満願寺⇒石切山⇒釣鐘山⇒JR川西池田駅






今年も暑い夏本番がやってきた。夏と言えば花火大会ってことで、今年も山の会のSさんから、なにわ淀川花火大会オフの企画依頼をいただいた。昨年は台風による荒天で残念ながら中止となってしまったので、2年びりの花火大会オフとなった。

例年のパターンとして、軽く山に登り、尼崎の極楽湯で一風呂浴びてから、買出しをしてJR塚本駅近くのSさんのマンションというパターン。

今年の山に選んだのは、先日下見に行った、阪急山本駅から最明寺滝、満願寺、石切山、釣鐘山と回りJR川西池田駅へのコース。思った以上に山が早く終わったので、尼崎での入浴タイムをたっぷりと取ることができた。

午後7時50分いよいよ花火大会がはじまる。色とりどりの花火が夜空を染める。打ち上げ台から次々に打ち上げられる花火にみんな感動。グランドフィナーレは過去最大最多の怒涛の打ち上げ数とのことで、次々と開く大輪で、真昼のような明るさのエンディングであった。

今年も最高の花火を見ることが出来た。Sさんに感謝!






にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
登頂日
2015年8月8日(土)
天 候
晴れ/夕立
同行者
囲炉裏メンバー7名+2名(花火大会のみ)

阪急山本駅⇒最明寺滝⇒満願寺⇒石切山⇒釣鐘山⇒JR川西池田駅






今年も暑い夏本番がやってきた。夏と言えば花火大会ってことで、今年も山の会のSさんから、なにわ淀川花火大会オフの企画依頼をいただいた。昨年は台風による荒天で残念ながら中止となってしまったので、2年びりの花火大会オフとなった。

例年のパターンとして、軽く山に登り、尼崎の極楽湯で一風呂浴びてから、買出しをしてJR塚本駅近くのSさんのマンションというパターン。

今年の山に選んだのは、先日下見に行った、阪急山本駅から最明寺滝、満願寺、石切山、釣鐘山と回りJR川西池田駅へのコース。思った以上に山が早く終わったので、尼崎での入浴タイムをたっぷりと取ることができた。

午後7時50分いよいよ花火大会がはじまる。色とりどりの花火が夜空を染める。打ち上げ台から次々に打ち上げられる花火にみんな感動。グランドフィナーレは過去最大最多の怒涛の打ち上げ数とのことで、次々と開く大輪で、真昼のような明るさのエンディングであった。

今年も最高の花火を見ることが出来た。Sさんに感謝!






にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
登頂日
2015年7月11日(土)
天 候
晴れ
同行者
単独

JR中山寺駅⇒阪急山本駅⇒最明寺滝⇒満願寺⇒石切山⇒釣鐘山⇒JR川西池田駅





 

来月開催するオフ会の下見に行ってきました。このオフ会は毎年開催しているのですが、午後1時過ぎにJR尼崎駅に辿り着かなければならないという制約があるので、コースを考えるのが一苦労。暑いこの時期に疲れず、短時間で、尚且つ楽しめるコースということで毎回頭を悩ませる。

今回は、阪急山本駅から最明寺滝に立ち寄り、満願寺・石切山・釣鐘山・川西池田のコースを選択してみた。

私がJR沿線在住のため、阪急山本駅だと途中の宝塚で阪急電車に乗り換えが必要だが、乗り換えの手間と交通費を考えJR中山寺駅から出発。中山寺駅までだと通勤定期の範囲内なので交通費扶不要なのだ。

まずは、阪急山本駅へ。ここからタイムを計測しながらの歩行だ。住宅地を抜け、山道に入っていくと大聖不動尊の門がある。門を抜けたところが辰己橋。辰己橋を右に進むと最明寺滝だ。最明寺滝から辰己橋まで戻り、」そのまま橋の左方向へと進む。不動尊参道から住宅地へと抜け、しばらく進むと左手が満願寺。この一帯は宝塚市となるのだが、満願寺周辺の満願寺町のみ川西市の飛び地となっている。

満願寺山門で浄財100円を奉納し境内へ。浄財を払いたくない方は山門左手の道を進むとよい。本堂にお参りをしてから本堂左手へ進む。ゴルフ場の脇の道から石切山への山道へ入り、石切山・釣鐘山と通り川西市街地へと下山。ここから川西池田へ行く道は???わからない・・・。しかし今の世の中便利なものだ。iPhoneを取り出しGoogleMapsで目的地を川西池田駅に設定し徒歩でのルートを検索。表示されたルートに従い歩いて行くと迷うことなく川西池田駅に到着。

時間・距離ともちょうどいい感じ。来月のオフ会はこのコースに決定だ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

 

登頂日
2015年7月11日(土)
天 候
晴れ
同行者
単独

JR中山寺駅⇒阪急山本駅⇒最明寺滝⇒満願寺⇒石切山⇒釣鐘山⇒JR川西池田駅





 

来月開催するオフ会の下見に行ってきました。このオフ会は毎年開催しているのですが、午後1時過ぎにJR尼崎駅に辿り着かなければならないという制約があるので、コースを考えるのが一苦労。暑いこの時期に疲れず、短時間で、尚且つ楽しめるコースということで毎回頭を悩ませる。

今回は、阪急山本駅から最明寺滝に立ち寄り、満願寺・石切山・釣鐘山・川西池田のコースを選択してみた。

私がJR沿線在住のため、阪急山本駅だと途中の宝塚で阪急電車に乗り換えが必要だが、乗り換えの手間と交通費を考えJR中山寺駅から出発。中山寺駅までだと通勤定期の範囲内なので交通費扶不要なのだ。

まずは、阪急山本駅へ。ここからタイムを計測しながらの歩行だ。住宅地を抜け、山道に入っていくと大聖不動尊の門がある。門を抜けたところが辰己橋。辰己橋を右に進むと最明寺滝だ。最明寺滝から辰己橋まで戻り、」そのまま橋の左方向へと進む。不動尊参道から住宅地へと抜け、しばらく進むと左手が満願寺。この一帯は宝塚市となるのだが、満願寺周辺の満願寺町のみ川西市の飛び地となっている。

満願寺山門で浄財100円を奉納し境内へ。浄財を払いたくない方は山門左手の道を進むとよい。本堂にお参りをしてから本堂左手へ進む。ゴルフ場の脇の道から石切山への山道へ入り、石切山・釣鐘山と通り川西市街地へと下山。ここから川西池田へ行く道は???わからない・・・。しかし今の世の中便利なものだ。iPhoneを取り出しGoogleMapsで目的地を川西池田駅に設定し徒歩でのルートを検索。表示されたルートに従い歩いて行くと迷うことなく川西池田駅に到着。

時間・距離ともちょうどいい感じ。来月のオフ会はこのコースに決定だ。



にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

 

アーカイブ