モンスターカレンダー

« May 2018
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

ふるさと兵庫100山の最近のブログ記事

登頂・参拝日
2016年5月28日(土)
天 候
晴れ
同行者
単独

JR武田尾駅⇒武庫川廃線跡⇒大峰山⇒中山最高峰⇒中山寺奥之院⇒中山寺(西国24番札所)⇒阪急中山駅







久しぶりに今回のコースを歩いた。一昨年の元旦以来である。中山寺での初詣のために元旦に歩いていた。中山寺で初詣をすませた後は、川西在住の友人宅で新年会というのがパターンであった。その友人が一昨年の10月にこの世を去ってしまったので、昨年からは初詣に行くことがなくなってしまった。

久しぶりにJR武田尾駅で下車すると旧武田尾駅周辺は様変わり。一段低い場所に立ち並んでいた商店はすべてなくなり、並行する道路と同じ高さになっていた。また、武庫川廃線の西宮市部分が整備のため通行止めとなり、今秋全面開通するそうだ。

何度も歩いているコース、上記以外にとくに書かなければならないような事柄もなく、いつものように中山寺に降りたち、西国三十三所の御朱印をいただいて本日の山登りは終わりである。

■JR宝塚線廃線跡が一般開放へ ハイカーに人気
 武庫川渓谷の豊かな自然と、枕木やトンネルなどが人気となっているJR宝塚線(福知山線)廃線跡の西宮側ルート(約3・2キロ)について、兵庫県西宮市は22日、今秋に「立ち入り禁止」を解除し、一般開放すると発表した。年間約6万4千人が訪れる人気のハイキングコースだが、これまでは「黙認状態」だった。安全対策工事は土地所有者であるJR西日本が担当する。

 JR宝塚線は1986年、複線電化により生瀬?道場駅間が付け替えられ、宝塚と西宮市にまたがる約4・7キロの線路が廃線となった。廃線跡地はJR西が立ち入りを禁止しているが、ハイカーらから人気を集める。2000年には約1・5キロの宝塚市側で遊歩道が整備されたが、西宮側は数億円ともいわれる工事費がネックとなり手付かずに。転落事故も発生し、土砂災害などの危険性も指摘されていた。

 西宮市とJR西は09年から協議。今月に入って一般開放で合意した。JR西がトンネル補強など安全対策工事を行い、市がトイレ整備や巡回パトロールなど維持管理を担当する。

 工事は5月のゴールデンウイーク明けに始まり、立ち入りが完全に禁止される。規制が解除されるのは紅葉シーズンの11月ごろの見通しで、担当者は「あくまで利用者の自己責任が原則」としている。(神戸新聞NEXTより引用)





にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
登頂・参拝日
2016年5月28日(土)
天 候
晴れ
同行者
単独

JR武田尾駅⇒武庫川廃線跡⇒大峰山⇒中山最高峰⇒中山寺奥之院⇒中山寺(西国24番札所)⇒阪急中山駅







久しぶりに今回のコースを歩いた。一昨年の元旦以来である。中山寺での初詣のために元旦に歩いていた。中山寺で初詣をすませた後は、川西在住の友人宅で新年会というのがパターンであった。その友人が一昨年の10月にこの世を去ってしまったので、昨年からは初詣に行くことがなくなってしまった。

久しぶりにJR武田尾駅で下車すると旧武田尾駅周辺は様変わり。一段低い場所に立ち並んでいた商店はすべてなくなり、並行する道路と同じ高さになっていた。また、武庫川廃線の西宮市部分が整備のため通行止めとなり、今秋全面開通するそうだ。

何度も歩いているコース、上記以外にとくに書かなければならないような事柄もなく、いつものように中山寺に降りたち、西国三十三所の御朱印をいただいて本日の山登りは終わりである。

■JR宝塚線廃線跡が一般開放へ ハイカーに人気
 武庫川渓谷の豊かな自然と、枕木やトンネルなどが人気となっているJR宝塚線(福知山線)廃線跡の西宮側ルート(約3・2キロ)について、兵庫県西宮市は22日、今秋に「立ち入り禁止」を解除し、一般開放すると発表した。年間約6万4千人が訪れる人気のハイキングコースだが、これまでは「黙認状態」だった。安全対策工事は土地所有者であるJR西日本が担当する。

 JR宝塚線は1986年、複線電化により生瀬?道場駅間が付け替えられ、宝塚と西宮市にまたがる約4・7キロの線路が廃線となった。廃線跡地はJR西が立ち入りを禁止しているが、ハイカーらから人気を集める。2000年には約1・5キロの宝塚市側で遊歩道が整備されたが、西宮側は数億円ともいわれる工事費がネックとなり手付かずに。転落事故も発生し、土砂災害などの危険性も指摘されていた。

 西宮市とJR西は09年から協議。今月に入って一般開放で合意した。JR西がトンネル補強など安全対策工事を行い、市がトイレ整備や巡回パトロールなど維持管理を担当する。

 工事は5月のゴールデンウイーク明けに始まり、立ち入りが完全に禁止される。規制が解除されるのは紅葉シーズンの11月ごろの見通しで、担当者は「あくまで利用者の自己責任が原則」としている。(神戸新聞NEXTより引用)





にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

鎌倉山(兵庫100山)の行者道を歩く

登頂日
2016年5月22日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー3名







久しぶりの山登りは、山の会のメンバー3人と一緒に兵庫県加西市北部に位置する鎌倉山へ行ってきた。名刹普光寺を中心に鎌倉山と周辺山稜の旧行者道を歩くコースだ。

行者道ということもあり登山道には、修験道の開祖である役行者や釈迦如来・不動明王などの石像が多く祀られている。また修験道にかかせない「のぞき」の磐座が東西2か所「東ののぞき」「西ののぞき」や磨崖仏などもある。

久しぶりの山歩きでやや疲れたものの有意義な一日を過ごすことができた。






にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

鎌倉山(兵庫100山)の行者道を歩く

登頂日
2016年5月22日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー3名







久しぶりの山登りは、山の会のメンバー3人と一緒に兵庫県加西市北部に位置する鎌倉山へ行ってきた。名刹普光寺を中心に鎌倉山と周辺山稜の旧行者道を歩くコースだ。

行者道ということもあり登山道には、修験道の開祖である役行者や釈迦如来・不動明王などの石像が多く祀られている。また修験道にかかせない「のぞき」の磐座が東西2か所「東ののぞき」「西ののぞき」や磨崖仏などもある。

久しぶりの山歩きでやや疲れたものの有意義な一日を過ごすことができた。






にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

雪の東床尾山と神鍋高原でスノーシュー

行った日
2016年2月27日(土)28日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー







2年ぶりに神鍋高原にある山仲間Hやんの別邸にお邪魔することとなった。

神鍋に入る前に朝来市のふるさと兵庫100山に選定されている東床尾山(ひがしとこのおやま)に登ることに。車で登山口へ向けての林道を入っていくが、全く雪の気配がない・・・と思っていたら急に雪景色に変わり、駐車地点まで進むそれなりの積雪もある。

これだったら山上でスノーシューが楽しめるのではとスノーシューを担ぎ上げることにする。

駐車地点をスタートし糸井の大カツラまでは、緩やかな林道を歩き、大カツラの左後方から山道へと入っていく。期待していなかった雪上を山頂へ。

山頂でスノーシューを装着。山頂西側の崩れた山小屋の場所で昼食を取ってから、バリエーションルートを下った。

登山後、道の駅神鍋の温泉で汗を流しHやん邸へ。明太もつ鍋を囲み楽しい宴会タイムを過ごした。





 

2日目は、万場スキー場跡をスノーシューで登る。

下山時に途中の雪質が良い場所で、ソリやヒップソリを童心に帰り楽しむ。

帰路、神鍋に行ったらここに立ち寄らずには帰れないお約束の「かぐや姫」でよもぎうどんを食す。いつ食べても美味しいうどんである。

途中、今年は見れないと思っていた節分草・ざぜん草を鑑賞することもでき、楽しい2日間となった。




にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

雪の東床尾山と神鍋高原でスノーシュー

行った日
2016年2月27日(土)28日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏メンバー







2年ぶりに神鍋高原にある山仲間Hやんの別邸にお邪魔することとなった。

神鍋に入る前に朝来市のふるさと兵庫100山に選定されている東床尾山(ひがしとこのおやま)に登ることに。車で登山口へ向けての林道を入っていくが、全く雪の気配がない・・・と思っていたら急に雪景色に変わり、駐車地点まで進むそれなりの積雪もある。

これだったら山上でスノーシューが楽しめるのではとスノーシューを担ぎ上げることにする。

駐車地点をスタートし糸井の大カツラまでは、緩やかな林道を歩き、大カツラの左後方から山道へと入っていく。期待していなかった雪上を山頂へ。

山頂でスノーシューを装着。山頂西側の崩れた山小屋の場所で昼食を取ってから、バリエーションルートを下った。

登山後、道の駅神鍋の温泉で汗を流しHやん邸へ。明太もつ鍋を囲み楽しい宴会タイムを過ごした。





 

2日目は、万場スキー場跡をスノーシューで登る。

下山時に途中の雪質が良い場所で、ソリやヒップソリを童心に帰り楽しむ。

帰路、神鍋に行ったらここに立ち寄らずには帰れないお約束の「かぐや姫」でよもぎうどんを食す。いつ食べても美味しいうどんである。

途中、今年は見れないと思っていた節分草・ざぜん草を鑑賞することもでき、楽しい2日間となった。




にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

JR新三田駅から有馬富士

登頂日
2015年1月18日(日)
天 候
晴れ
同行者
単独






術後、そして今年はじめて山に登って来た。

最初は軽く地元三田の名峰「有馬富士」

まいどおなじみのJR新三田駅から有馬富士公園を経ての往復ルート。

久々の山は気持ちの良いものだ。




にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

JR新三田駅から有馬富士

登頂日
2015年1月18日(日)
天 候
晴れ
同行者
単独






術後、そして今年はじめて山に登って来た。

最初は軽く地元三田の名峰「有馬富士」

まいどおなじみのJR新三田駅から有馬富士公園を経ての往復ルート。

久々の山は気持ちの良いものだ。




にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
登頂日
2014年3月30日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏村民4名







山仲間のTさんから丹波の金山に登ってから麓の鐘ケ坂公園で花見宴会をする企画のお誘いを受けた。同じく山仲間でお酒を飲まれないTやんが車を出してくれるので、お酒も好きなだけ飲めるとのこと。

当日、鐘ケ坂公園で桜まつりが開催されるとのことで、少し早めの集合となり現地に9時頃に到着。公園内に場所取りのブルーシートを敷いてから金山登山口へ向かう。

鐘ケ坂公園のある鐘ケ坂峠は兵庫県丹波市と篠山市の市境にある峠で、古来より京阪神間から丹波を経て但馬、丹後地方に抜ける際の交通の難所とされていた。そのためトンネルが掘られるのだが、明治、昭和、平成にそれぞれ新たなトンネルが建設され、同一の峠に別途3つのトンネルが設置されるという、全国的にも珍しい場所となっている。現在、明治・昭和に建設されたトンネルは通行することはできない。
鐘ケ坂トンネル
鐘ケ坂公園から明治のトンネル遊歩道の標識に従い進んでいく。鐘ケ坂トンネル(通称「昭和のトンネル」)の入り口横から明治のトンネルへと向かう。

鐘ケ坂隧道(通称「明治のトンネル」)は、1883年に完成した、全長268m・幅員3mのレンガ積みのトンネル。レンガ積み工法のトンネルとしては日本最古で現存する道路トンネルとしても日本で5番目の古さを誇る。篠山市側には有栖川宮熾仁親王の揮毫による『事成自同』、丹波市側には太政大臣三条実美の揮毫による『鑿山化居』と記された銘板がそれぞれ掲げられている。

桜まつりのこの日は、明治のトンネル・昭和のトンネル共に開放されており通り抜けることが可能だ。普段は通れないので、途中までトンネルに入ってみる。色あせた煉瓦がが時代の流れを物語っている。明治のトンネルに入ったのははじめてだ。昭和のトンネルは2005年に鐘ケ坂トンネル(通称「平成のトンネル」)が開通するまで、何度も車で通ったことがあるのだが、明治のトンネルに入ったのははじめてだ。

明治のトンネルから少し戻ったところから金山に登る。「鬼の架橋登山口」の標識が立っており、木の杖が何本も置かれている。植林地の登山道が続く。コース的には面白味のないコースである。鬼の架橋から金山城本丸跡(山頂)と登る。金山に登るのは、いつも1か月ほど前のスプリングエフェメラルの季節。この時期ははじめてであったが、ミツマタ・タムシバ・馬酔木や日蔭躑躅などの春の花に出逢えることができた。

下山後は、いよいよ花見宴会。みんなで持ち寄った具材で鍋をいただく。鍋の取り皿に桜の花びらがひらひら、ワインの入ったカップにもひらひら。桜の木の下で楽しい時間を過ごした。




にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
登頂日
2014年3月30日(日)
天 候
晴れ
同行者
囲炉裏村民4名







山仲間のTさんから丹波の金山に登ってから麓の鐘ケ坂公園で花見宴会をする企画のお誘いを受けた。同じく山仲間でお酒を飲まれないTやんが車を出してくれるので、お酒も好きなだけ飲めるとのこと。

当日、鐘ケ坂公園で桜まつりが開催されるとのことで、少し早めの集合となり現地に9時頃に到着。公園内に場所取りのブルーシートを敷いてから金山登山口へ向かう。

鐘ケ坂公園のある鐘ケ坂峠は兵庫県丹波市と篠山市の市境にある峠で、古来より京阪神間から丹波を経て但馬、丹後地方に抜ける際の交通の難所とされていた。そのためトンネルが掘られるのだが、明治、昭和、平成にそれぞれ新たなトンネルが建設され、同一の峠に別途3つのトンネルが設置されるという、全国的にも珍しい場所となっている。現在、明治・昭和に建設されたトンネルは通行することはできない。
鐘ケ坂トンネル
鐘ケ坂公園から明治のトンネル遊歩道の標識に従い進んでいく。鐘ケ坂トンネル(通称「昭和のトンネル」)の入り口横から明治のトンネルへと向かう。

鐘ケ坂隧道(通称「明治のトンネル」)は、1883年に完成した、全長268m・幅員3mのレンガ積みのトンネル。レンガ積み工法のトンネルとしては日本最古で現存する道路トンネルとしても日本で5番目の古さを誇る。篠山市側には有栖川宮熾仁親王の揮毫による『事成自同』、丹波市側には太政大臣三条実美の揮毫による『鑿山化居』と記された銘板がそれぞれ掲げられている。

桜まつりのこの日は、明治のトンネル・昭和のトンネル共に開放されており通り抜けることが可能だ。普段は通れないので、途中までトンネルに入ってみる。色あせた煉瓦がが時代の流れを物語っている。明治のトンネルに入ったのははじめてだ。昭和のトンネルは2005年に鐘ケ坂トンネル(通称「平成のトンネル」)が開通するまで、何度も車で通ったことがあるのだが、明治のトンネルに入ったのははじめてだ。

明治のトンネルから少し戻ったところから金山に登る。「鬼の架橋登山口」の標識が立っており、木の杖が何本も置かれている。植林地の登山道が続く。コース的には面白味のないコースである。鬼の架橋から金山城本丸跡(山頂)と登る。金山に登るのは、いつも1か月ほど前のスプリングエフェメラルの季節。この時期ははじめてであったが、ミツマタ・タムシバ・馬酔木や日蔭躑躅などの春の花に出逢えることができた。

下山後は、いよいよ花見宴会。みんなで持ち寄った具材で鍋をいただく。鍋の取り皿に桜の花びらがひらひら、ワインの入ったカップにもひらひら。桜の木の下で楽しい時間を過ごした。




にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

アーカイブ